ここから本文です

「夢だった」TKO木下隆行がディレクターの新ブランドBUCCA 44がデビュー

Fashionsnap.com 6月29日(水)13時29分配信

 TKOの木下隆行がディレクターを務めるメンズブランド「ブッカ フォーティーフォー(BUCCA 44)」が、2016年秋冬シーズンにデビューする。Tシャツやスウェット、デニムなどのアイテムをMからXXXLまで5サイズでそろえ、6月28日に開催された展示会で初披露。ブランドを展開するウィゴー(WEGO)の公式ECストア内で8月から販売を開始する。

【写真】展示会で披露したファーストコレクション

 ファッション好き芸人として知られ、ブランド立ち上げは「夢だった」という木下は、2~3年前からウィゴー代表の中澤征史のオファーを受けていたという。ブランド名については「ぶっかぶかという意味から“ブッカ“、僕の44歳という年齢とラッキーナンバーでもある“44“を組み合わせた」と説明。「これまで『このデザインで僕のサイズがあればいいのに』ということが多かったため、自分で着たい服をつくった」という。特に気に入っているのが「ドゥニーム(Denime)」とコラボレーションしたデニムで、30~46のサイズで展開される。ファーストコレクションの価格帯は2990円~1万9800円。今後の目標については「1人でも多くの人に着てもらい、これからも新しいものを発表していきたい」と意気込みを語った。

最終更新:6月29日(水)13時33分

Fashionsnap.com