ここから本文です

AKB48選抜総選挙、大量卒業ならず!卒業近いと噂されるメンバーは…

dmenu映画 6月29日(水)17時1分配信

今年がラスト総選挙であることを公言していた島崎。あくまで総選挙への出馬が最後という意味なのか、それとも来年の総選挙の頃はグループにいないという意味なのか…。真意は明かされていませんが、島崎は今年のスピーチで、卒業を考えていたことを告白しています。同期でもある現総監督・横山由依に引き留められて残留を決めたそうですが、島崎は「なんの根拠もないけど、今年が勝負の年だと思っている」と意味深長な発言もしています。
映画『劇場霊』(ブルーレイ&DVD発売中)で主演するなど、近年は女優業が順調な彼女だけに、今年の活動次第で来年は……と、思わず想像してしまいます。

■AKB48・峯岸みなみ「最後まで私らしく」

峯岸も島崎と同じく、今年がラストと宣言しています。こちらも卒業の意志については明かしていませんが……。ただ峯岸はスピーチで、「アイドルとしては劣等生だけど、最後まで私らしく頑張りたい」とまるで卒業が近いようかのように宣言していました。小嶋陽菜が卒業すれば、最後のAKB48オリジナルメンバーとなる峯岸ですが、彼女がグループを去る日もそれほど遠くはないのかもしれません。

■AKB48・渡辺麻友「AKBを終わらせたくない」

渡辺麻友も今年の総選挙を区切りに卒業発表するのではないかと、総選挙前からネットニュースで報じられていました。そしてHKT48・指原莉乃に敗れる結果となり、卒業への決断に1歩進んだのではないかと不安視するファンもいます。
ただ渡辺はスピーチで、「正直に言って、今AKBはピンチ。先輩方が卒業して、今のメンバーではカバーできない部分もある」と率直に指摘したうえで、「このままAKBを終わらせたくない」と訴えていました。真面目な彼女のこと、“ピンチ”を乗り切ったと思えるまでは卒業はしないのではないでしょうか。

■AKB48・柏木由紀「総選挙の結果が何か繋がるかも」

柏木は今年3月末、総選挙に立候補したことをブログで報告した際、「今のわたしは、総選挙の結果で、AKBの中での未来が大きく変わることはもしかしたらあまりないかもしれないです」「AKBを卒業してもソロでみなさんに歌やステージを届けたい!そんな夢にも、総選挙の結果が、もしかしたら何か繋がるかもしれないって思うようになりました」とつづっていました。
総選挙の結果は、2位だった昨年より順位を落として5位。この結果は、柏木の今後にどのように影響していくのか…?

■小嶋陽菜に発表の舞台譲った?

大量卒業が噂されていた今年の総選挙ですが、結局はAKB48・小嶋陽菜のみの発表で終わりました。一安心といいたいところではありますが、もう残り少ないオリジナルメンバーである小嶋に晴れの舞台を譲っただけという見方もできます。今年いっぱい大きなイベントには注意しておかないといけないかもしれません。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:6月29日(水)17時1分

dmenu映画

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。