ここから本文です

ペール 初戦は世界194位に大苦戦、試合時間3時間54分<男子テニス>

tennis365.net 6月29日(水)3時11分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は大会2日目の28日、男子シングルス1回戦が行われ、第26シードのB・ペール(フランス)が世界ランク194位のF・スクゴールを3-6, 7-6 (7-2), 2-6, 6-3, 10-8のフルセットで下すも、初戦から大苦戦を強いられた。

錦織vsベネトー 1ゲーム速報

この試合、ペールはスクゴールに2度のブレークを許して第1セットを落とすも、第2セットをタイブレークの末に取りセットカウント1-1に。その後、第3・第4セットを分け合い、勝敗はファイナルセットへもつれ込む。

ファイナルセットでは、両者サービスキープが続く中、第9ゲームでスクゴールに痛恨のブレークを許したペールだったが、第10ゲームですぐにブレークバック。そして、第18ゲームでブレークしたペールが3時間54分で勝利した。

2回戦ではJ・ミルマン(オーストラリア)と対戦する。ミルマンは1回戦でA・モンタネス(スペイン)をフルセットで下しての勝ち上がり。

世界ランク23位のペールは、過去のウィンブルドンで2012・2013年の3回戦進出が最高成績。昨年は2回戦でR・バウティスタ=アグ(スペイン)に敗れた。

今季のグランドスラムでは全豪オープンで初戦敗退、全仏オープンでは2回戦でT・ガバシュビリ(ロシア)に敗れるなど、思うような結果を残せていない。これまでの最高は昨年の全米オープンで、その時は錦織圭(日本)らを破る快進撃でベスト16へ進出した。

tennis365.net

最終更新:6月29日(水)3時24分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]