ここから本文です

[海外試乗]素晴らしく滑らかで優雅・・・色気ムンムンなボルボ 新型「S90」&「V90」

オートックワン 6月29日(水)18時10分配信

実車は写真よりも一段と「カッコいいですね」

写真で見たときから「カッコいいですね」、と思っていたボルボの新型「S90」&「V90」だったけれど、実車は一段とスタイリッシュでした。

ボルボ 新型「S90」&「V90」画像ギャラリー

なんたって全長4963mm(V90は4936mm)×全幅1879mmもあり、メルセデス・ベンツなら「Eクラス」と「Sクラス」の真ん中。

それでいて全高1443mm(V90は1475mm)と低く、ワイド・アンド・ローのプロポーション。ボディのシルエットからして有利だ。人間で言えば、いわゆるモデル体型です。

ドイツ強豪ライバルに一歩も引けを取らず!

SUVの「XC90」から始まったボルボの新しいコンセプトのフロントグリルも一段とバランス良くなり「う~ん! ボルボじゃないみたいですね!」と思ったほど。

これなら価格的なライバルになっている(すでに欧州での価格は発表されている)メルセデス・ベンツの新型Eクラスや、BMW 5シリーズと比べたって負けておらず。むしろ新しい時代のデザインテーマで好ましい。

ボルボの面白さは、EクラスとSクラスの中間的な車格感を持たせながら、価格をEクラスと同等にしてお買い得感を出すという商品戦略だ。日本でもEクラスと同等の価格帯を考えているそうな。これだけ押し出しの利くボディのクルマとして考えたら魅力的です。

装備にもよるけれど、600万円台スタートなら割安である。

それだけでも選ぶ価値大! 世界最先端をゆく安全装備の数々

新型S90&V90の大きなセールスポイントは、世界最先端の安全装備にある。例えば「衝突しない技術」で言うと、世界トップクラスの自動ブレーキ(歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム)を挙げておく。

新型XC90から採用されているグレードアップしたレーダーとカメラを採用し、新しいフェイズの制御も取り入れた。自動ブレーキ性能は、対車両で50km/h。歩行者も45km/hまで停止出来るそうな。

他のメーカーの大半は夜間の歩行者を認識出来ないけれど、ボルボの新世代センサーならこれまた可能。常識的な速度域で走っていれば、うっかりミスの大半をカバーしてくれると考える。この一点だけでボルボを選ぶ価値は大きい。

また、新型「S90」&「V90」の日本仕様は、効果抜群の歩行者用エアバッグが全車に標準装備されるという。これまた嬉しい。

1/2ページ

最終更新:6月29日(水)18時10分

オートックワン