ここから本文です

小池百合子氏が都知事選出馬表明「任期は3年半」 自民都連の公認は不透明

ログミー 6月29日(水)14時16分配信

2016年6月29日、自民党の小池百合子氏が東京都知事選挙への出馬表明会見を行いました。質疑応答では、自民党とはどの程度話し合ったのか、自民党からの承認や推薦が得られなかった場合どうするのか、といった質問が飛び交いました。

自分の意思で任期を3年半に区切る

司会者:それではこれから質問をお受けしたいと思います。

こちらから指名をさせていただきますので、所属と名前をおっしゃってご質問をお願いします。それでは挙手をお願いします。

記者1:仮に自民党から、推薦や承認が得られなかったとしても、出馬をなされているのでしょうか?

小池百合子氏(以下、小池):ご質問ありがとうございます。私は冒頭、自民党議員として、この出馬への決意を語らせていただきました。これからの情勢を見極めながら、決めていきたいと思います。

記者1:この会見は、出馬の意思を固めたということでよろしいでしょうか?

小池:そのように受け取っていただいてけっこうです。

記者2:ニコニコ動画のナナオと申します。よろしくお願いします。今「任期を3年半にする」というアイデアにユーザーは非常に関心をもっているんですけども、オリンピックに混乱をきたさないために、任期を3年半にするというのは公約としてとらえてよろしいでしょうか?

小池:そうですね。さまざまな自治体の長の任期は決められていることは言うまでもございませんが、これは、意思として3年半と区切り、そこでみなさま方に公にすることによって、それを実行していく。それによって混乱を避けるという知恵でございます。

ですから、さまざま課題がありますけれど、いったん立ち止まって、じっくり考えてみるといろんな知恵が湧いてくるはずでございます。

そういった意味でも、これから日本が抱えている、たいへん大きいさまざまな課題のなかで、この知恵を出していく発想力という点では、私は自信を持っているつもりでございます。

記者2:都議会の問題になりましたけども、舛添氏が進めておりました韓国人学校の都有地の貸し出し問題ですけども、現在はこの案はまだ少なくとも中心にはなっていないようですが、知事になられた場合はどういう進め方をするのでしょうか?

小池:お答えはシンプルでございます。白紙とするべきだと考えております。

1/2ページ

最終更新:6月29日(水)14時16分

ログミー

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。