ここから本文です

北陸新幹線の富山・石川県内区間で携帯電話通信サービス整備へ

乗りものニュース 6/29(水) 12:00配信

山陽新幹線は今年度中に全線で利用可能に

 JR西日本は2016年6月28日(火)、北陸新幹線の主にトンネル区間において、携帯電話の通信サービスが利用できるように対策を実施すると発表しました。

 該当区間は新潟県と富山県の境に位置する新親不知トンネルの西側から、終点の金沢駅まで。サービス提供事業者はNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社です。サービス開始時期は決定次第告知されます。

 山陽新幹線では現在、新大阪駅から瓜生野トンネル(新山口駅の先)までと小倉駅から博多駅のあいだで携帯電話通信サービスが利用できますが、JR西日本は2016年度中に山陽新幹線全線でサービスを提供する予定としています。

乗りものニュース編集部

最終更新:6/29(水) 12:41

乗りものニュース