ここから本文です

アイルランド代表BKフィッツジェラルド、首の負傷により28歳で引退。

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 6月29日(水)12時23分配信

 昨年のワールドカップに出場し、アイルランド代表として34キャップを重ねたユーティリティBKのルーク・フィッツジェラルドが、28歳の若さで現役引退することを決断した。28日、所属するレンスターが発表。

初V狙うライオンズに暗雲 ホワイトリー主将が負傷でSR残り試合絶望的

 フィッツジェラルドはここ数年、深刻な首の怪我に苦しみ、今年5月28日のプロ12決勝で悪化させたため、医学的理由で引退を助言されていた。

 フィッツジェラルドは2006年にプロデビューし、レンスターで154試合に出場。3回のハイネケンカップ(現:欧州チャンピオンズカップ)優勝と、3回のプロ12制覇に貢献した。WTB、CTB、FBでプレーできる万能選手であり、2006年11月にアイルランド代表デビュー、2009年と2015年にシックスネーションズ優勝を果たしたときのメンバーだった。また、2009年にはブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズの一員として南アフリカに遠征し、1キャップを獲得している。

最終更新:6月29日(水)12時23分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]