ここから本文です

シンガポール航空機の炎上事故の動画が公開 まさに危機一髪!

sorae.jp 6月29日(水)13時0分配信

6月27日にシンガポール国際空港で起きた、航空機の緊急着陸&火災事件。幸いにも同事故でのけが人は出ませんでしたが、今回火災が起きたシンガポール航空機を機内から撮影した動画が公開されています。

今回火災を起こしたのは、シンガポール航空の「ボーイング777」です。SQ368としてシンガポールとミラノ間を運行する予定だった同機は、離陸後にエンジントラブルでシンガポール国際空港に引き返し、緊急着陸をしていました。
 
そして、今回の恐ろしい動画を撮影したのはLee Bee Yeeさん。動画は機体の窓から主翼を捉えていますが、その主翼が真っ赤に燃える様子が確認できます。動画の最後では主翼は消防隊によって鎮火されていますが、中にいた乗客にとっては生きた心地のしない瞬間だったことでしょう。
 
なお、航空機の主翼は非常に燃えやすい部分となっています。なぜなら、ボーイング777などの民間航空機は主翼の中に燃料タンクを搭載しているからなのです。まるでゼロ戦のようですね。また、搭載される燃料には灯油の一種「ケロシン」が利用されています。
 
今回の事件では222人の乗客と19人のクルーが無事脱出に成功ています。Yeeさんは事故後のFacebook上の投稿に、「なんとか死から逃げ出せた!!!!」と、その恐怖体験を綴っています。私もよく飛行機を利用しますが、こんな事故に会わないことを願うばかりです。

最終更新:6月29日(水)13時0分

sorae.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]