ここから本文です

メルケル独首相「希望的観測にひたっている場合ではない」

AFPBB News 6/29(水) 10:42配信

(c)AFPBB News

【6月29日 AFP】アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)独首相は28日、ブレグジット(英国のEU離脱)を受け、いまは「希望的観測」にひたっている場合ではない、現実と向き合わなければならないときだと語った。

 また、トルコの最大都市イスタンブール(Istanbul)のアタチュルク国際空港(Ataturk International Airport)で28日夜に銃撃と3件の自爆攻撃があった事件に「心を痛めている」ともコメントした。(c)AFPBB News

最終更新:6/29(水) 10:42

AFPBB News