ここから本文です

3分に1回! アデル、グラストンベリーで放送禁止用語連発

ELLE ONLINE 6月29日(水)21時41分配信

グラストンベリーのヘッドライナーを務めたアデル。90分のステージで33回もダーティワードを連発してしまったそう。これにはファンも賛否両論。「歌は素晴らしいけれど、なぜこんなに悪態をつくの? 子どもには見せられない」と嘆くツイートが出る一方で「アデルは世界を泣かせてくれた。いい意味で」とアデルのワイルドぶりを褒める声も! 実はアデル、ファンをステージに上げて一緒にセルフィを撮るというサービスも披露したけれど、ファンの顔の前でゲップをしてしまったそう。「悪態をついたりゲップをしたりするなんて、品のあるアデルらしくない」というかなりイヤミな声も上がっていたとか。

とはいえ、アデルはもともと言葉遣いが悪いことで有名。フェスを放送するBBCも事前に彼女に対して対応策を取っていたよう。でも、アデル自身がステージで「私がどれくらいロックンロールな人だと思う? そんなにロックでもないけれどBBCに言葉使いを注意されちゃったの。でもミューズはそんなことは聞かないって方に私は賭けるわ」と内幕を暴露!

その後、BBCが恐れた通り、「Sxxt, 間違っちゃった」「人生でベストfxxkingな瞬間よ」と連発しまくったアデル。それにしても33回って……アデルもすごいけど根気よく数えた人もすごい。
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:6月29日(水)21時41分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。