ここから本文です

世界最高の祭典へ! リオ五輪 ラグビー日本代表選手団発表!

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 6/29(水) 19:40配信

 今夏のリオデジャネイロ五輪(第31回オリンピック競技大会)で初めて正式種目として採用される7人制ラグビー。同大会には男女とも12チームずつが参加し、その両方に日本も出場する。6月29日、男女日本代表選手団が発表された。男子代表として発表されたのは14人。女子は13人。最終的に12人が五輪のピッチに立つ。

リオ五輪セブンズの組み分け決定! 日本の組は男女とも強豪ぞろい!

 スーパーラグビーでトライを量産したサンウルブズの山田章仁が6月から本格参戦するなど、チーム内での競争が激化していた男子には、その山田のほか、昨秋のワールドカップ(15人制)にも参加した福岡堅樹、藤田慶和らスピードスターも選ばれた。
 主将を務めるのはハイボールに強く、走り続ける桑水流裕策。前主将の坂井克行、ピカイチの速さを持つ松井千士、ムードメーカーの彦坂匡克、腰の強い走りで安定感のある羽野一志、タックルに自信を持つ合谷和弘、激しい徳永祥尭、強気に走る後藤輝也らがチームの骨格を成す。帰化して五輪出場が叶ったレメキ ロマノ ラヴァ、トゥキリ ロテ、副島亀里ララボウ ラティアナラらインパクトある選手も揃っている。
 瀬川智広ヘッドコーチは、「チームの目標はメダル」と話し、言葉を継いだ。
「日本のスタイルは、人とボールが止まることなく動き続けるもの。俊敏にスペースを攻めたい。攻撃を継続させるためにも、セットプレーの安定は不可欠。それぞれの特性を出して戦いたい。ベストのメンバーが揃ったと思っています」

 女子も14人のメンバーを発表する予定だったが、豪州遠征時に怪我人が出て13人の発表となった。「日本の女子ラグビーを育ててくれた人たちへの感謝の気持ちでいっぱいです。リオで台風の目になる」と言った中村知春主将を中心に結束力で戦う。
 サクラセブンズは個性派揃いだ。「日本のお母さんは強い、と示してきたい」と話した兼松由香はチームの精神的支柱。冨田真紀子は「世界一のタックラーになる」と言葉に力を込めた。パワーランナーの谷口令子、安定感のある加藤慶子、キック力のある司令塔、大黒田裕芽。山口真理恵はチームいちばんのスピードスターだ。横尾千里、小出深冬はラグビー歴が長く、ラグビーの理解力が深い。伸び盛りの山中美緒にも期待がかかる。
 バレーボール出身の竹内亜弥、円盤投げから転向した桑井亜乃、バスケットボール出身の中丸彩衣は、それぞれの競技で培った能力をラグビーに加えて大舞台に臨むつもりだ。浅見敬子ヘッドコーチは、「サクラセブンズの強化を始めたのは2011年。明日で活動日は1060日になり、223試合を経験してきました。今回、心身ともにタフに戦える選手を選んだ。平均的な選手でなく、強みのある選手、武器のある選手ばかりです。最後まで、掲げてきた金メダルを目指して戦う。アジア5位から始まったチームです。走り勝つラグビーを最後まで」と決意表明した。

 メンバー発表の12時間前には、大会でのプール分けが発表された。男子はニュージーランド、イギリス、ケニアと同組。女子はカナダ、イギリス、ブラジルと同じ組で戦う。
 対戦国をにらみ、瀬川ヘッドコーチは「いいグループに入った。NZは強いがオーソドックス。対策は練りやすい。イギリスは混合チームだけに結束力で勝負できるし、イングランドと引き分け、スコットランドには勝ったことがあり、ウエールズとは相性が悪くない。ケニアには勝ったことがあるし、(相手は)ムラがあるチーム」と力強く言った。
 浅見ヘッドコーチも「カナダ、イギリスとは接戦で惜敗し、手応えはある。前半粘って、後半走り勝ちたい。ブラジルは急速に強化を進めているチーム。日本と似ているところもあるので冷静に戦いたい」と話し、金メダルを目指す意志を強く示した。

1/2ページ

最終更新:6/29(水) 19:40

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。