ここから本文です

ドイツ戦に臨むイタリアに非常事態 アンカーのポジション務める2枚が欠場も

theWORLD(ザ・ワールド) 6月29日(水)9時40分配信

デ・ロッシは負傷、モッタは累積警告

EURO2016決勝トーナメント1回戦でスペイン代表を2-0で撃破したイタリア代表は、このままの勢いで優勝することもできるのではと期待が高まっている。スペイン相手にゲームをコントロールした姿を見れば、準々決勝で対戦するドイツ代表も苦しめることができるだろう。

しかし、イタリアにも不安要素は存在する。それはアンカーのポジションをどうするかだ。これまで先発はローマのダニエレ・デ・ロッシが務めてきたが、デ・ロッシはスペイン戦ででん部を打撲したと言われており、ドイツ戦までにリカバリーできるか微妙な状況となっている。

そして毎試合デ・ロッシに代わって後半途中から試合に出場していたパリ・サンジェルマン所属のチアゴ・モッタも、スペイン戦で大会2枚目のイエローカードを受けて次戦は出場停止だ。代表監督のアントニオ・コンテはモッタを12番目の選手と称していただけに、この2人を起用できないとなればイタリアはピンチだ。

デ・ロッシとモッタは中盤の底でチームを落ち着かせる役割を担ってきたが、ドイツ戦にデ・ロッシが間に合わない場合はどうするのか。伊『Gazzetta dello Sport』は中盤を再編成する必要があるかもしれないと伝えており、ドイツ戦に向けてアンカーのポジションは不安要素となっている。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月29日(水)9時40分

theWORLD(ザ・ワールド)