ここから本文です

30日も九州は大雨 土砂災害の危険性高い状態続く 厳重警戒を

ウェザーマップ 6月29日(水)16時37分配信

 30日にかけても九州を中心に断続的に激しい雨が降り、局地的に非常に激しく降るおそれがある。これまでの大雨で地盤の緩んでいるところがあるため、土砂災害に厳重に警戒するとともに、河川の増水や氾濫に警戒が必要だ。

 29日午後3時、九州付近に梅雨前線が停滞している。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、昼前にかけて熊本県や鹿児島県で1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降った。降り始めの27日から29日午後4時までの雨量は、宮崎県えびの高原432.0ミリ、鹿児島県霧島市溝辺415.5ミリ、熊本県阿蘇山280.5ミリなどとなっている。
 
 西日本は30日にかけても、九州を中心に大気の状態が非常に不安定となる見込み。このため、九州を中心に断続的に激しい雨が降り、九州南部は明け方から朝にかけて局地的に非常に激しい雨が降るおそれがある。

 <30日夕方までに予想される雨量(多い所)>
 九州北部・南部       150ミリ

 九州を中心に、これまでの大雨で地盤の緩んでいるところがある。30日にかけて土砂災害に厳重に警戒するとともに、河川の増水や氾濫にも警戒が必要だ。また、低い土地の浸水や落雷、竜巻などの激しい突風にも注意が必要となる。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、身の安全を守ることが大切だ。

最終更新:6月29日(水)16時37分

ウェザーマップ