ここから本文です

三菱自 軽2車種7月1日販売再開 水島での軽4車種生産再開は4日

山陽新聞デジタル 6月29日(水)21時51分配信

 三菱自動車が燃費不正問題により販売を停止している軽自動車の「eKワゴン」と「eKスペース」について、7月1日から全国で販売を再開することが29日、分かった。

 不正問題が発覚した4月20日以降、同社が燃費データを改ざんしていた両車種と、日産自動車向けに供給している軽自動車「デイズ」「デイズルークス」の計4車種は販売を停止中。三菱自水島製作所(倉敷市)での生産もストップしているが、同社が6月21日、国土交通省に燃費の修正値を届け出たため、生産・販売が再開できるようになった。

 岡山県内11店舗を管轄する西日本三菱自動車販売岡山営業本部(岡山市北区今)は7月1日午前10時から販売を再開する。正しい燃費値を表示したカタログや展示車の用意が間に合わないため、当面は口頭やタブレット端末で接客するという。

 同本部は「注文をいただきながらも、お届けできていない顧客への対応を急ぐとともに、できるだけ早く従来の販売体制に戻したい」としている。

 三菱自水島製作所は同4日、軽4車種の生産を再開する。製造ラインに問題がないか確認しながら徐々に稼働率を上げていく計画で、生産が本格化するまでは、販売店にある在庫などで対応する。

 日産は、デイズとデイズルークスの販売を7月1日に再開することを既に決めている。

最終更新:6月29日(水)21時51分

山陽新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]