ここから本文です

最新の調理器具が一堂に フードエキスポinTOYAMA/富山

チューリップテレビ 6月29日(水)9時42分配信

 最新の調理器具や設備を一堂に集めた展示会が28日から高岡市で始まりました。
 今年は、環境にやさしい設備や、人手不足に対応した道具が注目を集めていました。
 このフードエキスポ・インTOYAMAは、飲食店やホテル、旅館、病院、福祉施設など飲食関係の事業者に最新の情報を紹介しようと開かれているものです。
 4回目となる今回は県内外から過去最多の155社が出展しました。
 会場では、調理中に出る煙を吸い込み、換気扇が不要になる調理ワゴンが注目を集めたほか、厨房の人手不足を解消できる野菜の千切りマシーンなどが展示されています。

 「ネギ専用の千切りマシーン、その名もネギーです。私も千切りに挑戦。速い速い!ものの10秒ほどできれいな千切りができました」(毛田記者)

 また、具材をセットすればスイッチひとつで海苔巻きができるロボットや、握りずしのシャリを自動で量産するロボットも会場に並びました。

 「海苔巻きロボットでつくった巻物をいただきます。ふわっふわっです!人が握ったものより柔らかいですね」(毛田記者)

 訪れた人は、普段カタログやインターネットでしか目にしない商品に関心を示し、熱心に説明を聞いていました。
 この展示会は29日まで開かれています。

チューリップテレビ

最終更新:6月29日(水)9時42分

チューリップテレビ