ここから本文です

【MLB】イチロー3000安打へ進むカウントダウン 歴代単独30位浮上を米記者も速報

Full-Count 6月29日(水)12時51分配信

今季15度目マルチでメジャー通算2986安打に、金字塔へ残り14本

 マーリンズのイチロー外野手が28日(日本時間29日)、敵地タイガース戦で「1番・ライト」でスタメン出場し、今季15度目のマルチ安打を記録した。これでメジャー通算は2986安打になり、サム・ライスを抜いて歴代単独30位に浮上。球団公式サイトや地元番記者はイチローの金字塔へのカウントダウンを速報している。試合はマーリンズが5-7で敗れている。

現役選手はイチロー含め3人ランクイン MLB歴代通算安打数ベスト50

 この日3試合連続の先発出場となったイチローは最初の2打席で凡退したが、4回2死一塁で四球を選ぶと、4点を追う6回1死一塁で迎えた第4打席では2試合ぶりのヒットをマーク。タイガース先発ペルフリーが投げた初球シンカーをライト前に弾き返した。

 するとMLB公式サイトのマーリンズ番記者ジョー・フリサロ氏はツイッターで「イチロー、シングル。今3000本にあと15本」と速報し、金字塔へのカウントダウンをスタート。マーリンズの公式ツイッターも「あと15本!」と速報し、「イチローの通算2985安打でMLB通算安打記録で30位のサム・ライスに並ぶ!」と再び偉業を成し遂げたことを紹介した。

 MLB公式サイトのタイガース番記者、ジェイソン・ベック氏もツイッターで速報。「イチローのMLB通算2985安打がマイク・ペルフリーの最後の投球」とレポートし、イチローのヒットにより先発ペルフリーが降板したことも伝えている。

 3点ビハインドの8回無死一塁の第5打席では、タイガース4番手グリーンの6球目のスライダーをセンター前へ運んだ。自身、今季15度目のマルチ安打。地元紙パーム・ビーチ・ポストのジョー・カポッツィ記者はツイッターで「デトロイトでイチローが2安打。キャリア通算2986安打となり、MLB通算安打記録でサム・ライスを抜き30位に」とレポートした。

 イチローはこの日、4打数2安打1四球で打率.340に上昇。金字塔に向けて加速する背番号「51」に現地でも注目が集まっている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月29日(水)13時15分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]