ここから本文です

今夜2回戦、フェデラー対イギリスのテニスコーチ、ウィリス [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 6/29(水) 18:00配信

 イギリス・ロンドンで開催されている「ウィンブルドン」(6月27日~7月10日)の3日目は男子シングルス2回戦が行われる。

大会初日にジョコビッチより、フェデラーより話題をさらったマーカス・ウィリス [ウィンブルドン]

 大会最多タイの7度の優勝を誇るロジャー・フェデラー(スイス)でさえが、無名の対戦相手をウィンブルドン2回戦にいざなった“旅”の価値を認めている。

 このストーリーに興味をそそられない者などいないだろう。

 25歳のイギリス人、マーカス・ウィリスは両親と一緒に住み、1レッスン40ドルほどを稼ぐテニスコーチだ。世界ランキングは772位。彼は月曜日にウィンブルドンの1回戦に勝利したが、それ以前はグランドスラム大会どころか、ツアーレベルの大会でさえ一度もプレーしたことがなかった。

 ウィリスは新しいガールフレンドに頑張るように励まされるまで、フルタイムのプロテニスプレーヤーになるという目標を断念するつもりでいた。

 彼はウィンブルドン予選に出場するためのワイルドカード(主催者推薦枠)を与える、ランキングが低いイギリス人選手たちのための国内プレーオフ大会に出場した最後のひとりだった。彼はそこで3試合に勝ち、それからウィンブルドン予選でさらに3試合に勝って、本戦入りを決めたのである。

 そして今、ウィリスはテニス界でもっとも神聖な場所、ウィンブルドンのセンターコートに足を踏み入れ、そこでグランドスラム大会で「17」のタイトルを獲得し、テニス史上もっとも偉大な選手と多くの者が尊敬してやまないフェデラーと対戦するのだ。

「この物語には、とても素敵な要素がたくさんあるね」とフェデラーは言った。「正直、どこから始めたらいいかわからないほどだよ」。

 戦術的視点から試合を見て、第3シードのフェデラーはこう言った。「彼は僕のすべての試合をチェックすることができる。彼は僕のすべてを知っているだろうから、その点は彼にとってアドバンテージだよ」。

 そう、ウィリスのプレーのビデオはあまりないから、フェデラーは彼をほとんど知らない。そして、ウィリスは母国イギリスの観衆から大きなサポートを得ることになるだろう。まだ大会の序盤ではあるが、間違いなく彼は“町の井戸端会議の話題”になっている。

「ひとたび本戦が始まれば、誰もがほかの誰をも倒し得る。スポーツ界ではときに、驚くべきことが起こるものだ。もちろんロジャーは巨大な存在で、試合に勝つ有力候補は彼だよ。僕は、彼が大きな問題もなく、かなりスムーズに試合に勝つだろうと予想している」と、2013年ウィンブルドン優勝者で、第2シードのアンディ・マレー(イギリス)は言った。

「でもマーカスのプレースタイルは、かなり古典的なんだ」とマレーは続けた。マレーは10代のときに、イギリスのデビスカップ・チームでウィリスと少し時間をともにしたときに、彼のストロークを見ていたようだ。

「彼はサーブ&ボレーをする。スライスを多く使い、かなりフラットにボールを打つんだ。素晴らしい腕と、素晴らしいフィーリングを持っている」。

 ウィリスは明らかにこの“旅”を気に入っていて、フェデラー戦に向けた展望を聞かれたとき、漏れる微笑を止めることができなかった。

「何百万年かかっても、僕はそれらの質問に答えられないだろうと思う」とウィリスは言う。「フェデラーは完璧な選手だ。彼はテニス界の伝説の人なんだ。僕は彼を大いに尊敬している。でもコートに出て、彼を倒すよう努めるつもりだよ」。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: LONDON, ENGLAND - JUNE 28: Marcus Willis of Great Britain warms up on the practice courts on day two of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on June 28, 2016 in London, England. (Photo by Jordan Mansfield/Getty Images)

最終更新:6/29(水) 18:00

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]