ここから本文です

夏のレジャーシーズン前に 水難救助技術競う/富山

チューリップテレビ 6/29(水) 21:14配信

 夏のレジャーシーズンを前に、富山市では、消防隊員の水難救助の技術を競う大会が開かれました。
 この大会は、富山市消防局が、隊員の水難救助技術の向上を目指し、毎年実施しているもので、今年は28人が参加し、日頃の訓練の成果を競いました。
 競技は、水難救助の基本的な技術を必要とする、5種目で行われました。
 このうち、『溺者搬送』の種目では、20メートル先で溺れている人を救助する技術を競いました。

 「これから夏場、水辺の事故が増えてきますので、こういった訓練を通して、万全の準備していきたい」(参加した消防隊員)

 富山市消防局では、今年に入ってから今月20日までに出動した水難事故は、13件と前年の同時期よりも2件増えていて、「家族で海などに行く際は、親が子どもをしっかり見るなどして注意してほしい」としています。

チューリップテレビ

最終更新:6/29(水) 21:14

チューリップテレビ