ここから本文です

[移籍]アンリやピレスらと戦った“無敗優勝メンバー”がエスパニョールへ! キケ監督とは3度目のタッグ

theWORLD(ザ・ワールド) 6月29日(水)12時10分配信

恩師と再会

多くの経験を積んできた技巧派アタッカーが、新たなチームへ加入することとなった。スペインのエスパニョールは28日、セビージャから退団していた元スペイン代表MFホセ・アントニオ・レジェスをフリートランスファーで獲得したことを発表。契約期間は2018年6月30日までの2年契約となっている。

若くからその将来を嘱望されてきたレジェスはセビージャ下部組織出身で、2000年1月にトップチームデビューを果たすと、華麗なドリブルテクニックと攻撃センスを生かし、セビージャの攻撃を牽引する存在に。すると2004年の冬には巨額の移籍金でプレミアリーグの名門アーセナルへ移籍。ティエリ・アンリやロベール・ピレスらと共に同クラブの無敗優勝を経験している。

以降はレアル・マドリードやポルトガルのベンフィカといった名門クラブを渡り歩き、2012年より古巣セビージャへ復帰。ベテランとしてチームを鼓舞し、ヨーロッパリーグ3連覇にも貢献していた。なお今回新天地に決定したエスパニョールは、過去2度に渡ってレジェスと共に働いた恩師キケ・サンチェス・フローレスを新監督に招聘しており、またしても2人のタッグが実現。互いを知り尽くした2人のスペイン人が、来季のリーガエスパニョーラを盛り上げてくれることを期待したい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月29日(水)12時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。