ここから本文です

イケア、北米でチェスト類3500万台超を自主回収 子供6人事故死

AFPBB News 6/29(水) 14:42配信

(c)AFPBB News

【6月29日 AFP】家具販売最大手、スウェーデンのイケア(IKEA)は28日、北米で販売した収納チェストなど3500万台余りを自主回収すると発表した。米国ではこれらの製品の転倒事故で子供6人が死亡している。

 イケアと米国、カナダ両国の製品安全当局によると、対象となるのは米国で販売した「MALM(マルム)」シリーズのチェストとドレッサー800万台、子供用と大人用のチェストとドレッサー2100万台、およびカナダで販売した660万台。米国で回収する製品は2002年から2016年6月の期間に製造されたものとしている。

 イケア・ノースアメリカ(Ikea North America)は声明で、これらの製品は「壁にしっかり固定されていない場合、安定が悪く、転倒して子供が下敷きになり、死傷する恐れがある」と説明している。

 カナダでは死亡事故は出ていないが、1993年以降、当局がイケア製品の自主回収をたびたび行っている。

 消費者製品安全委員会(CPSC)によれば、米国では2014年2月にマルムの引き出し6段型チェストの下敷きになり2歳の男児が、同年6月には3段型チェストの下敷きになり生後23か月の男児がそれぞれ死亡。今年2月にも6段型チェストが倒れて生後22か月の男児が圧死している。

 映像は米首都ワシントン(Washington D.C.)で行われたイケアが販売している「マルム」シリーズの収納チェスト転倒事故を再現する米消費者製品安全委員会の職員ら。(c)AFPBB News

最終更新:6/29(水) 17:08

AFPBB News

なぜ今? 首相主導の働き方改革