ここから本文です

ヨーロッパを3度制した天才エメリが古巣セビージャへ別れの言葉「このチームはいつまでも私の心の中に……」

theWORLD(ザ・ワールド) 6/29(水) 13:00配信

今後はパリで采配振るう

新たにフランス王者を指揮することが決まったスペイン人監督ウナイ・エメリが、3年以上にも渡って共に戦った古巣セビージャに別れの言葉を残している。

彼が率いるセビージャはとりわけヨーロッパリーグにおいて無類の強さを誇っていた。2013年からの同大会3連覇は素晴らしい偉業であり、彼のカップ戦での名采配がパリ・サンジェルマンからの興味を惹きつけたことは言うまでもない。その手腕を今後はフランスで発揮することになるエメリ監督が、情熱を捧げてきた古巣へ愛情溢れるメッセージを届けた。スペイン紙『as』が報じている。

「私はセビージャで3年半を過ごし、いつも感謝の念を抱き仕事に取り組んできた。本当に素晴らしい時間を過ごしたよ。チームは2年もヨーロッパでの戦いに参加できていなかったからね。私は会長にセビージャをCLに連れて行くことを約束した。ELでは前人未到の3連覇もあったしね。どんどん成長していくセビージャを見ていられたのは幸せだったよ。そしてセビージャのファンにも感謝している。彼らは愛情を示してくれた。セビージャはいつまでも私の心にあり続けるよ」

彼がいかにセビージャを愛していたのかが、十二分に伝わってくるメッセージだ。名将エメリがフランスにおいても躍進を遂げていくことを、セビージャサポーターもきっと願っていることだろう。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6/29(水) 13:00

theWORLD(ザ・ワールド)