ここから本文です

ヤクルト山田が黒田から先制26号ソロ 月間2ケタ本塁打

Full-Count 6/29(水) 18:42配信

昨季は打率5割の好相性

 ヤクルトの山田哲人内野手が29日の広島戦(マツダ)の2回先頭、日米通算199勝目を目指す広島先発の黒田からバックスクリーン左へ、先制の26号ソロを放った。

 山田は昨年、黒田との対戦成績は20打数10安打、1本塁打。打率は5割。今季初対戦となった最初の打席で、相性の良さを発揮した。この一発で山田は今月10本目のアーチとなった。月間2ケタ本塁打は昨年の7月以来。打撃4冠へ、勢いが止まらない。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/29(水) 18:42

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています