ここから本文です

札幌&水戸からリオへ オリンピックに挑むU-23韓国代表メンバーにJ2から2人

theWORLD(ザ・ワールド) 6月29日(水)15時30分配信

OA枠ではソン・フンミンも

韓国サッカー協会は27日、リオデジャネイロで開催されるオリンピックに向けたメンバーを発表した。

Jリーグからはコンサドーレ札幌GKク・ソンユンと水戸ホーリーホックDFソン・ジュフンの2人がメンバー入り。2015年から札幌の守護神として活躍するク・ソンユンは今季も安定感抜群のパフォーマンスを披露しており、首位を走るクラブを最後尾から支えている。

また、アルビレックス新潟から期限付き移籍で水戸に加入中のソン・ジュフンも、クラブでは主力選手として活躍。大会開催中のリーグ戦には出場することはできないが、「いつも応援ありがとうございます。オリンピックで頑張ってきたいと思います。応援よろしくお願いします」とクラブ公式サイトを通じてサポーターに挨拶した。

2人のJリーガーがメンバー入りを果たしたU-23韓国代表は、OA枠選手としてトッテナムで活躍するMFソン・フンミンなども選出されており、グループリーグではフィジー、ドイツ、メキシコと対戦する。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月29日(水)15時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。