ここから本文です

4戦連続先発マスクの巨人實松が今季1号 中日バルデスから左中間へ運ぶ

Full-Count 6月29日(水)19時11分配信

2点を追う3回にソロ本塁打

 巨人のベテラン・實松一成捕手が29日の中日戦(東京ドーム)で「8番・捕手」で先発出場。2点を追う3回1死からレフトスタンドへ今季1号となるソロ本塁打を放った。

 中日・バルデスの低めの球をうまく拾い上げて、きっちりと振りぬいた。元々、パンチ力のある實松の一打で1点差に迫った。

 チーム事情でファーム調整となっても黙々と練習をこなし、若手の手本となっていた實松。うれしい今季初アーチにチームメートもベンチでグータッチで迎えた。

 小林誠の負傷離脱で6月25日から4戦続けて先発マスクをかぶっている。味のあるリードを求められるベテランだが、まずはバットで投手を援護した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月29日(水)23時5分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。