ここから本文です

明大出身の日ハム岡が先制2点打 斎藤-大嶋の“異色”早大バッテリー援護

Full-Count 6/29(水) 19:31配信

岡は「いいところに飛んでくれた」、大嶋も死球でチャンス拡大

 日本ハムの岡大海外野手が29日の西武戦(札幌ドーム)で、今季初勝利を目指す斎藤佑樹投手を援護する先制タイムリーを放った。

 2回2死満塁。1ストライクから、左腕・バンヘッケンの外角140キロ直球にバットを合わせた。一二塁間を破る一打で、三塁走者・田中賢に続き二塁走者・杉谷も生還。右前2点打となった。

 岡は「来たボールに素直に弾き返すイメージでバットを出しました。いいところに飛んでくれましたし、先制点となったのは良かったです」とコメントした。

 プロ初マスクとなった大嶋匠は2回1死一、二塁で死球を受けてチャンスを拡大していた。三塁ファウルゾーンでキャッチボールしていた斎藤は先制の瞬間に手をたたいて喜んだ。明大出身の3年目外野手が、バットで“異色“の早大バッテリーを援護した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/29(水) 19:31

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。