ここから本文です

日ハム斎藤佑、今季初先発も初白星ならず 「僕が出来る精いっぱいの投球」

Full-Count 6/29(水) 20:29配信

5回途中2失点で降板、「頑張って丁寧な投球を心がけたんですけど…」

 日本ハムの斎藤佑樹投手が29日の西武戦(札幌ドーム)で今季初先発。大嶋匠捕手と異色の早大バッテリーを組んだが、同点の5回2死一、二塁のピンチを招いたところで降板。2番手・鍵谷がピンチを切り抜けて、勝ち負けは付かなかった。

 最速142キロの直球を軸に攻めたが、2点リードの4回1死二、三塁から栗山に同点2点打を許した。4回2/3で87球、2奪三振4四死球、5安打2失点だった。

 今季初先発初勝利とはならず、斎藤は「頑張って丁寧な投球を心がけたんですけど、四球と死球が多くなってしまい、流れが悪くなりました。ただ、僕が出来る精いっぱいの投球なので、次への課題にしていきたいです。チームの勝利を信じて応援します」とコメントした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/29(水) 20:29

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。