ここから本文です

スペインはポゼッションサッカーをやめるべきなのか ピケ「数年間同じスタイルだったけど……」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月29日(水)18時40分配信

スペインはどこを修正すればいいのか

前回大会王者として臨みながらEURO2016決勝トーナメント1回戦でイタリア代表に敗れてしまったスペイン代表は、2018ロシアワールドカップへ向けて何かを修正しなければならない。それは2014ブラジルワールドカップの惨敗からも分かっていたことだが、果たして何を変えるべきなのか。

英『Sky Sports』によると、スペイン代表DFジェラール・ピケは代表チームの将来のために何がベストなのか考える必要があると主張し、同じスタイルで戦い続けていることにも疑問を感じているようだ。

「僕たちはスペイン代表の未来において何がベストなのかを考える必要がある。再びスペインがメジャータイトルを獲得したいと思うなら、レベルを上げないといけないよ。もうスペインはタイトルを勝ち取れるレベルにないし、ベストチームではないんだ」

「僕たちはここ数年間同じスタイルで戦ってきたけど、それは効果的ではなかった。僕たちはロシアに向けてもっと多くのことを改善する必要があるね」

スペインといえばポゼッションサッカーというイメージが定着していたが、2014ワールドカップからは思うような結果が出ていない。このスタイルはバルセロナでジョゼップ・グアルディオラが見せていたモデルと同じようなものだが、そのバルサもグアルディオラ退任以降はスタイルを徐々に変えている。

相手チームがスペインのポゼッションサッカーに慣れてきたのも勝てなくなった理由の1つかもしれないが、スペインはポゼッションスタイルを考え直すべきなのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月29日(水)18時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]