ここから本文です

西武大石、1回無失点の好投 早大同級生の日ハム斎藤佑と“競演”はならず

Full-Count 6月29日(水)21時52分配信

今季は登板7試合無失点、相手先発・斎藤佑が降板後にマウンドへ

 西武の大石達也投手が29日の日本ハム戦(札幌ドーム)でリリーフ登板した。3点ビハインドの8回から3番手で登板。最速145キロの直球で、1回無安打無失点と結果を出した。

 先頭・杉谷を143キロ直球で見逃し三振。市川は二飛に仕留めた。2死から中島に8球ファウルで粘られて四球を与えたが、続く岡を右飛に打ち取った。今季は登板7試合すべて無失点だ。

 この日の日本ハム先発は早大同級生の斎藤佑樹。5回途中2失点で降板したため、“競演”とはならなかったが、お互いに刺激のある試合となったはずだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月29日(水)21時52分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。