ここから本文です

西武大石、1回無失点の好投 早大同級生の日ハム斎藤佑と“競演”はならず

Full-Count 6/29(水) 21:52配信

今季は登板7試合無失点、相手先発・斎藤佑が降板後にマウンドへ

 西武の大石達也投手が29日の日本ハム戦(札幌ドーム)でリリーフ登板した。3点ビハインドの8回から3番手で登板。最速145キロの直球で、1回無安打無失点と結果を出した。

 先頭・杉谷を143キロ直球で見逃し三振。市川は二飛に仕留めた。2死から中島に8球ファウルで粘られて四球を与えたが、続く岡を右飛に打ち取った。今季は登板7試合すべて無失点だ。

 この日の日本ハム先発は早大同級生の斎藤佑樹。5回途中2失点で降板したため、“競演”とはならなかったが、お互いに刺激のある試合となったはずだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/29(水) 21:52

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。