ここから本文です

巨人逆転勝ち 女房役の實松が攻守に活躍、6投手を好リード&追撃の一発

Full-Count 6/29(水) 22:08配信

4試合連続スタメンマスクのベテランが巧みなリード、「疲れました」

 巨人は中日を3-2の1点差で下した。白星を呼び込んだのは6回以降を無失点に抑えた5人のリリーフ陣と巧みなリードをした實松の頭脳だった。

 先発の高木が2回に投手のバルデスら下位打線につかまり、2点を失った。このまま、嫌な流れになりそうなところをまずは實松がバットで食い止める。3回、今季1号となるソロをバルデスから左翼席へ放った。お立ち台に呼ばれた實松は「びっくりしましたね。あんまり打たないですが、気持ち良かったです」。自身も驚きの一発だった。

 高木が苦しい投球の中、實松は冷静に相手打者の顔色を見ながら好リードを見せ、5回までにその2点に抑えた。すると、その裏に阿部のタイムリーで同点。高橋監督はここで高木をあきらめ、6回は左腕の山口をマウンドへ。2死を取ると、田原誠にスイッチ。サイド右腕もきっちりと後続を断ち、無失点に抑えた。

 7回に4番手で上がった宮國も粘りの投球。四球を出したが、無失点。その裏に村田の押し出し四球で勝ち越すと、5番手のマシソンも走者を出しながら、バントの小フライをスライディングキャッチをするなど気迫を見せ、8回の1イニングを無失点に抑えた。

 9回からは澤村。力のあるストレートでナニータを空振り三振。続く一発のある福田には丁寧に攻めて、最後はフォークで空振り三振に斬って取った。最後は堂上を右飛に仕留めて試合終了。守護神は實松とハイタッチを交わした。澤村はこれで19セーブ目となった。

 實松は「昨日もホームランを打たれたので、一発を何とか防ごうと思って配球しました。疲れました」と相手の目線を変えることで勝利を導いた。小林の負傷で4試合連続でスタメンマスクをかぶっている頼もしいベテランが、投手陣とチームを支えていく。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/29(水) 23:03

Full-Count

なぜ今? 首相主導の働き方改革