ここから本文です

日ハム栗山監督、今季初先発の斎藤佑を評価 「斎藤のような投手は貴重」

Full-Count 6月29日(水)22時43分配信

初白星ならずも「前に進んでいる」、1度抹消でも「次の先発は決まっている」

 日本ハムの栗山英樹監督が29日の西武戦(札幌ドーム)で今季初先発した斎藤佑樹投手について、「よく頑張ってくれた。ストレートの強さが出てきた。前に進んでいる」と評価した。

日本ハム、過去10年のドラフト指名選手一覧

 斎藤は立ち上がりから最速142キロの直球を丁寧に低めに集めた。2点リードの4回1死二、三塁から栗山に同点2点打を許し、同点の5回2死一、二塁のピンチを招いたところで降板。4回2/3で87球、2奪三振4四死球、5安打2失点。勝ち負けは付かなかった。

 試合後、栗山監督は「3回でも4回でもと思っていたが、5回も投げさせたくなってしまった。スライダーが良くなかったが、ストレートの強さが出ているので、投球の幅が広がる」と評価した。

 今季初先発でまずまずの投球を見せたが、次週は5試合。1度出場選手登録を抹消し、6連戦中となる7月11日からのオリックス3連戦(京セラD)で先発させる。

「前に進んだ感じがある。球の強い投手が多い中で、斎藤のようにコントロールの出し入れで勝負出来る投手は貴重。1度抹消するが、次の(斎藤の)先発は決まっている」と期待した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月29日(水)22時43分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]