ここから本文です

[U-23日本代表]前半のうちに逆転 見事な連携から中島&矢島ゴール 3-1で後半へ

theWORLD(ザ・ワールド) 6月29日(水)20時25分配信

復帰した中島が2得点

リオデジャネイロ五輪に出場するU-23日本代表は29日、「キリンチャレンジカップ2016 」で国内リーグに所属するメンバーで構成されたU-23南アフリカ代表と対戦した。試合は長野県の松本平広域公園球技場で開催された。

リオ五輪に向けた最終メンバーの発表が2日後に迫る国内最後のテストマッチ。負傷離脱していた室屋成(FC東京)と中島翔哉(FC東京)が復帰し、先発メンバーに名を連ねた。リオ五輪の初戦ナイジェリア戦を想定した一戦は、序盤から南アフリカがボールを保持してU-23代表がカウンターからチャンスを窺う展開となる。19分には、右サイドを突破した室屋がボックス内に進入しシュートを放つも、GKフェブラリーがブロック。こぼれ球をつないで野津田がシュートを蹴りこむも、再びフェブラリーが好セーブを見せた。

すると29分、U-23代表DF亀川がボックス内でハンドの判定を受け、PKを献上してしまう。これをキッカーのモトゥパがゴール左に蹴りこんでネットを揺らし、先取点を許してしまった。だが、すぐさま同点に追いつく。37分、連携したパスワークで中央を攻めこむと、矢島がディフェンスラインの裏へスルーパスを送り込む。抜けだした大島がドリブルを仕掛けGKフェブラリーをひきつけて横パスし、並走していた中島がゴールに流し込んだ。

同点に追いついたU-23代表が勢いに乗って攻めこむ。44分には室屋による折り返しのクロスを受けた矢島がゴール右隅にシュートを突き刺して勝ち越すと、前半アディショナルタイムにも中島が得点を重ね、3-1のスコアで後半へ突入する。

[メンバー]
GK:櫛引
DF:室屋、中谷、植田、亀川
MF:矢島、大島、井手口、野津田
FW:浅野、中島

[スコア]
U-23日本代表 3-1 U-23南アフリカ代表

[得点者](前半終了時点)
U-23日本代表:中島(37、45)、矢島(44)
U-23南アフリカ代表:モトゥパ(30)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月29日(水)20時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]