ここから本文です

かえってきた中島翔哉 FW起用で得点力を発揮「自分がヘディングで決められるボールなんて滅多にない」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月29日(水)21時57分配信

最終メンバー入りへ猛アピール

リオデジャネイロ五輪に出場するU-23日本代表は29日、長野県の松本平広域公園球技場で開催された「キリンチャレンジカップ2016 」でU-23南アフリカ代表に4-1と快勝した。

右膝のじん帯を損傷し負傷離脱していたFC東京の中島翔哉は、リオ五輪に向けた最終メンバーの発表が2日後に迫る国内最後のテストマッチで先発復帰を果たし、見事2得点を奪取した。

中島は得点シーンを振り返り「(先制点は)チームで決めたゴール。(大島)僚太くんがパスをくれたことを感謝しています。(2点目については)自分がヘディングで決められるボールなんて滅多にないのですごく良いボールだった」と浅野拓磨のクロスを称賛した。

今までのチームでは10番をつけていた中島だが、復帰後の背番号は13番だった。10番を取り戻したいという気持ちだったかと聞かれると「治療してくれたトレーナーや病気になってしまった仲間のために一生懸命プレイしました。日本の勝利が一番大事。背番号にはこだわってないです」と語った。

国内ラストマッチで先発起用され、期待に応える活躍を見せた中島は最後に「メダルを取れるように一日一日を大事にして過ごしていきたい」と語っている。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月29日(水)21時57分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]