ここから本文です

初代通天閣の誕生日に、大阪の新土産

Lmaga.jp 6月29日(水)17時0分配信

7月3日は、大阪のシンボル「初代通天閣」(大阪市浪速区)の開業日。それにあわせて「神戸風月堂」とコラボした「大阪ミニゴーフル」が発売される。

初代通天閣がそびえ立つ、当時の様子を伝える貴重な写真

パリの「凱旋門」と「エッフェル塔」を合わせたデザインだった初代の「通天閣」。今回発売するのは、当時の姿をモチーフにしたデザイン缶に、バニラ、ストロベリー、チョコレートのクリームがサンドされたミニサイズのゴーフルだ。

「初代通天閣」は、『第5回内国勧業博覧会』(1903年)開催時に建設され、戦中の火災の影響で1943年に解体。現在の「通天閣」は、地元住民らによる再建の声に応え1956年に再建されたもの。「大阪ミニゴーフル」は6枚入りで432円、3日から「通天閣」など一部地域で、15日からは関西の土産店などで発売される。

最終更新:6月29日(水)17時0分

Lmaga.jp