ここから本文です

小吹隆文撰・おでかけアート、6/29~

Lmaga.jp 6月29日(水)23時0分配信

「とにかく誰よりも現場を見て歩く」を信条に、美術ライター・小吹隆文が膨大なアートの海から、いま必見の展覧会をピックアップ! 今週は、注目のアートフェア、チェコの絵本、ダリ展を紹介します。

アートと仲良しになれる2日間『ART OSAKA 2016』

今年で14回目を迎えるアートフェア「ART OSAKA」。アートフェアとは、画廊がブースごとに出展して良質な作品を展示販売するイベントです。「ART OSAKA」はホテルで行われるので、1客室につき1ギャラリーという構成になります。生活空間に近い環境で作品を見られるので、自分の部屋に作品を飾ったらどう見えるのかなど、よりリアルな視点でアートを楽しんでください。また、会場には作家が大勢いるので、気楽に会話して作品の見どころを教えてもらうのも良いでしょう。今年の参加画廊は53。内訳は、関西24、関西以外20、海外9で、うち11画廊が初参加となります。また、画廊とは別に3つの企画展が行われ、多彩な視点からアートを楽しめます。

2016年7月2日(土) 11:00~20:00 
7月3日(日) 11:00~19:00
ホテルグランヴィア大阪26階(大阪府大阪市北区梅田3-1-1)

絵本ファン見逃し厳禁の好企画『東欧の絵本大国「チェコ絵本をめぐる旅」』

長く豊かな歴史を持ち、今も国際的に高く評価されているチェコの絵本。その奥深い魅力を、草創期から現代までの絵本原画、リトグラフ、絵コンテ、デッサン、資料など約150点で紹介します。出展作家は、『長い長いお医者さんの話』や『ダーシェンカ』などで知られるチャペック兄弟、チェコの国民的絵本作家ヨゼフ・ラダ、第2次大戦後に活躍したクヴィエタ・パツオフスカー、アメリカに渡って活動しているピーター・シス、ブラチスラヴァ世界絵本原画展でグランプリを受賞した後、チェコに在住して制作を続けている出久根育など15名。民族色の強い作品、牧歌的な作品、マンガの影響を受けた作品など、チェコ絵本の魅力を満喫できる展覧会です。

2016年7月2日(土)~9月4日(日)
芦屋市立美術博物館(兵庫県芦屋市伊勢町12-25)

1/2ページ

最終更新:7月3日(日)14時5分

Lmaga.jp