ここから本文です

Zwei LoVendoЯメンバーをサポートに加えた2年ぶりの単独ライブも大盛況!

Billboard Japan 6月29日(水)20時0分配信

 TVアニメ『テラフォーマーズ リベンジ』ED主題歌「Red Zone」を担当するZweiの2年振りとなるワンマンライブ【ONE MAN LIVE SHOW ! ~Zweiちゃんとワッショイしませんか~】が、6月19日 高田馬場CLUB PHASEにて開催された。

その他 ライブ写真一覧

 今回のライブにはサポートメンバーとして、LoVendoЯの魚住有希(g)、ASKA(dr)を迎え、ガールズバンドスタイルでパフォーマンス。同メンバーでつい先日、日比谷野外音楽堂で行われた【NAONのYAON 2016】へ出演したこともあり、息ぴったりの編成で高いテンションのまま、TVアニメ『ロボティクス・ノーツ』主題歌「純情スペクトラ」からライブはスタートした。

 序盤から「MONSTER」「Red Zone」「永劫心理のフェルマータ」「Dragon」など、懐かしい名曲から最新曲まで揃えた怒涛の前半戦で観客を圧倒。その後、Zweiにしては珍しいアコースティック編成での「Pretty Queen」「拡張プレイス」、そして「STEINS;GATE 0」EDテーマ「ライア」をバンド編成で初披露する。

 また、Megu(b)唯一のソロ曲「My name is Megu」で、トイレットペーパーを使った爆笑パフォーマンスを挟み、Zweiのハードな楽曲の中でも特にバンドメンバーの負担が大きい曲が連なった後半戦へ。最高に盛り上がる「H-A-R-D-E-R」では、テンションの高まったAyumu(vo)がトレードマークのサングラスを外し、ペットボトルの水を頭から被るわ、観客にかけるわとハードなパフォーマンスで最後まで熱唱。今回は2年振りだったが、早くも次のライブが見たくなるワンマンライブだった。



◎【ONE MAN LIVE SHOW !~Zweiちゃんとワッショイしませんか~】
6月19日(日)高田馬場CLUB PHASE セットリスト
01.純情スペクトラ
02.STAR QUEEN
03.GATEWAY LOVE
04.Denny
05.MONSTER
06.ソラノシズク
07.Red Zone
08.永劫心理のフェルマータ
09.Dragon
10.1+1=2
11.Pretty Queen(AC)
12.拡張プレイス(AC)
13.ライヤ
14.My name is Megu(Megu solo)
15.Re:Set
16.WANNA
17.H-A-R-D-E-R
18.恋ガレヨ
19.流星スパイラル

最終更新:6月29日(水)20時0分

Billboard Japan

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。