ここから本文です

スティーブ・ジョブズ、“悟りを得た”証拠にパソコンチップ!? 劇場未公開映像公開

クランクイン! 6/29(水) 12:00配信

 アカデミー賞主演男優賞&助演女優賞にノミネートされた映画『スティーブ・ジョブズ』のブルーレイ&DVDの発売を記念して、日本劇場未公開作『スティーブ・ジョブズ 知られざる男の正体』が発売されることがわかった。また、同作の本編映像の一部が公開され、ジョブズ本人が師と仰いだ日本人僧侶との出会いについても語られている。

【関連】『スティーブ・ジョブズ』フォトギャラリー


 同作は、ジョブズが愛した日本の美や日本人僧侶との出会い、娘との東京旅行の思い出を収めた“日本パート”や、彼の後期の代表的プレゼンテーション映像や舞台裏が収録されたドキュメンタリー作品。

 公開された映像では、ジョブズが若かりし頃、仏教の禅(禅宗)の「エゴを捨てシンプルに生きろ」という教えに心をとらわれ、禅センターに通っていたことが明かされる。そして、その経験からアップルの創業時、“よき師”を強く求め、知野(乙川)弘文という日本人僧侶と出会う。

 知野は、「カリフォルニアにいたとき、まだ若かった彼が家のドアの前に立っていた」と振り返る。そして、「彼は『僕は悟りを得たと思います。どうすべきですか?』と話してきた。私は『それはすばらしい。だが証拠を見せなさい』と言いました。すると、1週間後に彼が再び訪ねてきて、彼は手の中に小さな金属板を持っていた。それはパソコンのチップだったのです。彼は『僕はこれを“Lisa”と名付けたんです』と言ったが、実はリサは彼の娘の名前だった」と語っている。

 ジョブズが悟りを得た証拠として提示したものは、アップルコンピュータの起源とも言えるチップだった。本作では、彼の知られざる一面を見ることができる貴重な映像が収められている。

 『スティーブ・ジョブズ 知られざる男の正体』DVD(3200円・税抜)、『スティーブ・ジョブズ』ブルーレイ&DVD(ブルーレイ&DVDセット 3990円・税抜)は、7月6日発売、同日レンタル開始。

最終更新:6/29(水) 12:00

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]