ここから本文です

真剣佑、山本美月×伊野尾慧と三角関係に! 『ピーチガール』で硬派な爽やか男子役

クランクイン! 6月29日(水)5時0分配信

 山本美月と伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)がW主演を務める映画『ピーチガール』の新キャストとして、映画『ちはやふる』で好演した真剣佑が出演することが決まった。真剣は見た目はガングロギャルのピュアな女子高生・安達もも(山本)をめぐって、イケメン男子・カイリ(伊野尾)と三角関係を繰り広げる、野球一筋の硬派な爽やか系男子・とーじ役を演じる。

【関連】「真剣佑」フォトギャラリー


 本作は、累計発行部数1300万部を超えた上田美和による同名少女コミックの映画化。見た目と本当の自分とのギャップに悩むヒロインが、自分の気持ちに素直になり、勇気を出して一歩踏み出していくストーリーや、登場人物たちの様々な想いが交錯し、最後の最後までヒロインがどちらを選ぶかが分からない、予測不可能で波乱に満ちたスピーディーな展開に注目だ。

 山本、伊野尾と三角関係を繰り広げるとーじ役に扮する真剣。メガホンをとる神徳幸治監督はキャスティングで真っ先にに真剣が思い浮かんだようで、「撮影中も正解のない役作りに没頭し、一歩ずつ前に進む真剣佑さんを見て、僕も身の引き締まる思いで正解のない作品作りに邁進していきました」と絶賛。原作の上田も「優しいけど不器用な所のあるとーじ。真剣佑さんが演じたら、その不器用さもかっこよくなるのかなと、ニヤニヤわくわくしています」と期待を寄せている。

 監督と原作者から太鼓判を押された真剣は「優しくて正義感のある役で、途中いろいろな困難と立ち向かう姿がとても魅力的だと思ったのでお話をいただいた時にとてもワクワクしました。とーじを演じてみて、人を守りたいと思う感情や、誰かを大切にしたいという想いを、改めて感じることができました」と撮影を振り返り、「内容は恋愛たっぷりな映画になっています。一人でも、カップルでも、ご夫婦でも…どんな方が観ても笑えて泣けて応援したくなるような映画です」とアピールしている。

 映画『ピーチガール』は2017年公開。

最終更新:6月29日(水)5時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。