ここから本文です

レディー・ガガ、中国での楽曲配信禁止か ダライ・ラマとの対談に政府が反発

クランクイン! 6月29日(水)13時30分配信

 人気歌手レディー・ガガがアメリカを訪問中だったチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世と対談したことで中国の反発を受け、同国の共産党中央宣伝部がレディー・ガガの全楽曲をアクセス禁止にする指令を出したという。

【関連】「レディー・ガガ」フォトギャラリー


 香港の蘋果日報(ひんかにっぽう)紙が伝えたとするThe Telegraphによると、中国のウェブサイトとメディアはレディー・ガガの楽曲のアップロードや配信を取り止めるよう指示を受けたという。28日の時点ではまだ、中国の音楽ストリーミングサービスQQ MusicやNetEase Cloud Musicで、『ポーカー・フェイス』や『バッド・ロマンス』がダウンロードできる状況だったとのことだ。

 また国営テレビCCTVや人民日報紙や環球時報などの国営紙は、レディー・ガガとダライ・ラマ14世の対談を非難する記事を書くように指示されたという。

 レディー・ガガとダライ・ラマ14世は現地時間26日、米インディアナポリスで開催された全米市長会議に出席し、思いやりと世界平和などについて対談した。中国政府はチベットの自治を訴えるダライ・ラマ14世を敵視し、今回の対談に不快感を示していたという。中国の掲示板サイトなどでは、レディー・ガガに対する批判の書き込みが増えていたそうだ。

 レディー・ガガはダライ・ラマ14世との対談後、自身のツイッターやインスタグラムなどで「この特別な日に感謝します。科学によると、思いやりが健康を改善するそうです。私達の国家の体を労りましょう」とコメントしていた。

最終更新:6月29日(水)13時30分

クランクイン!