ここから本文です

1番イチロー、マルチ安打含む3出塁 メジャー3000安打へ残り14本!

ベースボールキング 6/29(水) 10:20配信

○ タイガース 7 - 5 マーリンズ ●
<現地時間6月28日 コメリカ・パーク>

 マーリンズのイチローが28日(日本時間29日)、「1番・右翼」で先発出場したタイガース戦で4打数2安打1四球と活躍し、節目のメジャー3000安打へ残り14本とした。

 この試合は敵地でのインターリーグ(交流戦)のため、正右翼手のスタントンは指名打者での出場。イチローは右翼へ入り、自身3試合連続のスタメンとなった。

 イチローは初回、相手の先発右腕・ペルフリーの前に三飛。2回の第2打席は2点を先制し、なおも二死二、三塁の好機で打席に入ったが、ここは一ゴロに倒れた。

 二死一塁で迎えた4回の第3打席は四球。そして3-7と逆転された直後の6回、一死一塁の場面でチームの4点目に繋がる右前打を放った。

 4-7で迎えた8回の第5打席にも、タイガースの4番手右腕・グリーンから中前打をマーク。マーリンズはイチローの一打で無死一、三塁の形を作ると、2番プラードの左犠飛で2点差に迫った。

 イチローはメジャー通算2986安打とし、サム・ライスを抜き歴代30位に浮上。さらに節目の3000安打へ残り14本とし、今季の打率は.340となった。

 マーリンズは5番スタントンの15号2ランなどで3点リードを奪うも、5回に先発のコンリーが崩れ一挙7失点。逆転負けで連勝は2で止まった。

BASEBALL KING

最終更新:6/29(水) 11:30

ベースボールキング