ここから本文です

首位・広島、32年ぶり11連勝! 黒田が好投&3打点、日米通算200勝に王手

ベースボールキング 6/29(水) 21:09配信

○ 広島 8 - 1 ヤクルト ●
<13回戦・マツダスタジアム>

 首位・広島が32年ぶりの11連勝をマーク。先発の黒田は7回1失点の好投で6勝目(3敗)。バットでも貴重な3点二塁打を放ち、日米通算200勝に王手をかけた。

 黒田は2回、4番山田に26号ソロを浴び失点。だが、その後は危なげない投球を披露し、粘り強く打線の援護を待った。

 すると3回、下位打線のチャンスメイクで一死満塁の好機を作ると、2番菊池が2点二塁打を右中間へ運び逆転。さらに二死から4番ルナも2点適時打を中前へ弾き返し、得意の集中打で試合の主導権を奪い返した。

 3点リードの6回は、一死一、二塁から代打・下水流が左前打を放つも、本塁生還を狙った二塁走者の鈴木が本塁タッチアウト。嫌なムードが漂ったが、その後8番石原の敬遠で二死満塁としたあと、9番黒田が走者一掃の3点二塁打を前進守備の左翼後方へ運んだ。

 黒田はマウンドでも尻上がりの投球を展開。4回以降はバックの好守にも助けられ3イニング連続で3者凡退で切り抜けると、自らダメ押し打を放った直後の7回は、先頭打者を四球で歩かせるも、一死から6番バレンティンを遊ゴロ併殺に仕留めた。

 4回以降はノーヒットピッチングで、黒田は7回を93球でまとめお役御免。3安打4奪三振1失点の好投で、日米通算199勝目を手にした。

 広島は8回以降、ヘーゲンズ、今村が無失点リレーで繋ぎ、11連勝のうち7勝が逆転勝利。貯金は今季最多を更新する「16」となった。

BASEBALL KING

最終更新:6/29(水) 21:28

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。