ここから本文です

正面入り口前にバス停 3日、金大附属病院に北鉄

北國新聞社 6/29(水) 2:45配信

 北陸鉄道は7月3日、金大附属病院の再開発工事の完了に合わせ、同病院の正面入り口前にバス停を新設する。病院の最寄りのバス停は現在、敷地外にあり、今後は降車してから雨にぬれずに病院へ入れるようになる。

 新設するバス停は病院前の新しいターミナル内にある。3日以降、小立野や石引周辺を通る路線バスは、大通りからいったん大学病院側に曲がり、従来のバス停「小立野大学病院前」に立ち寄ってから正面入り口前の新しいバス停でUターンし、大通りに戻るルートに変更される。

北國新聞社

最終更新:6/29(水) 2:45

北國新聞社

なぜ今? 首相主導の働き方改革