ここから本文です

氷室ちくわ香ばしく 金沢で製造ピーク

北國新聞社 6/29(水) 2:45配信

 28日の石川県内は曇りで、一部で雨が降った。最高気温は志賀25・9度、輪島25・0度、金沢24・7度などで、全11観測地点で前日を下回り、平年並みから5月下旬並みとなった。

 金沢市の近江町市場にある岩内蒲鉾(かまぼこ)店では、7月1日の「氷室の日」に合わせて食べる「氷室ちくわ」が製造のピークを迎え、香ばしい香りが店内に漂った。1日までに約5千本を準備する。

 青竹を芯にしているのが特徴で、金沢では氷室まんじゅうとともに娘の嫁ぎ先に贈る風習があった。近年は暑気払いの品として親しまれているほか、観光客が土産として買い求める。

北國新聞社

最終更新:6/29(水) 2:45

北國新聞社