ここから本文です

マンCが新守護神獲得へ、標的はバルサのブラボ…V・バルデスも候補に

SOCCER KING 6月29日(水)17時0分配信

 マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督が、バルセロナに所属するチリ代表GKクラウディオ・ブラボの獲得を望んでいるようだ。イギリス紙『デイリーメール』の報道を引用し、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が伝えた。

 報道によると、マンチェスター・Cのグアルディオラ監督がブラボ獲得を望み、補強候補に挙げている模様だ。同選手は今シーズン、リーガ・エスパニョーラで32試合に出場するなどバルセロナの正守護神として活躍。チリ代表の一員として臨んだコパ・アメリカ・センテナリオ USA 2016では最後尾からチームを支え、優勝に大きく貢献した。

『デイリーメール』によれば、ブラボとバルセロナとの現行契約は2018年まで残っている。グアルディオラ監督が同選手の獲得を望んでいる理由は、マンチェスター・Cの正守護神を務めてきたイングランド代表GKジョー・ハートがユーロ2016で低調なパフォーマンスに終始し、補強の必要性が生じたためと報じられている。

 なおマンチェスター・Cは、ブラボ獲得に失敗した際の代替候補として、マンチェスター・U退団が決まった元スペイン代表GKビクトル・バルデスやレアル・ソシエダのアルゼンチン代表GKヘロニモ・ルジの名前も挙げているようだ。

SOCCER KING

最終更新:6月29日(水)17時0分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報