ここから本文です

J2首位の札幌に新戦力…鳥栖MF菊地直哉が期限付き移籍で加入

SOCCER KING 6月29日(水)15時21分配信

 サガン鳥栖の元日本代表MF菊地直哉が、北海道コンサドーレ札幌へ期限付き移籍で加入することが決まった。29日に両クラブが発表した。移籍期間は2016年7月1日から2017年1月31日まで。

 菊地は1984年生まれの31歳。2003年に清水商業高校からジュビロ磐田に加入し、2005年にはアルビレックス新潟への期限付き移籍を経験した。2006年に磐田へ復帰した後、2007年9月にはドイツへ。イェーナでプレーし、2009年8月に大分トリニータに加入した。2011年には古巣・新潟に完全移籍で復帰。2013年7月に鳥栖へ期限付き移籍で加入し、翌2014年に完全移籍へ移行した。

 菊地は年代別代表にも招集され、2001年にはFIFA U-17ワールドカップ、2003年にはFIFA U-19ワールドカップ、2004年にはアテネ・オリンピックに出場。2010年には日本代表にも選出されている。

 なお、今シーズンは明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ終了時点で4試合出場、JリーグYBCルヴァンカップでは4試合出場を記録していた。

 移籍にあたり、菊地は鳥栖に対して以下のようにコメントしている。

「この度、北海道コンサドーレ札幌に期限付き移籍することになりました。どんな時でも温かい応援で支えてくれた皆さんに感謝しています。またこれからも、サガン鳥栖をよろしくお願いします」

 移籍先の札幌に対しては以下のようにコメントしている。

「この度、北海道コンサドーレ札幌でお世話になることになりました菊地直哉です。少しでもチームの勝利に貢献し、自分自身も成長出来るように頑張ります!応援よろしくお願いします」

 札幌は明治安田生命J2リーグ第20節終了時点(1試合未消化)で13勝3分け3敗の勝ち点42、首位を走っている。菊地は7月2日にチームに合流する予定。次節は7月3日、横浜FCをホームに迎える。

SOCCER KING

最終更新:6月29日(水)15時21分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]