ここから本文です

移籍金総額は420億円…パリSG就任のエメリ氏、“超高級”イレブンを手に

SOCCER KING 6月29日(水)18時14分配信

 パリ・サンジェルマンは28日、ウナイ・エメリ監督の就任を発表した。セビージャを率いて史上初のヨーロッパリーグ3連覇を達成した同指揮官の下、さらなる躍進を目指すこととなった。

 エメリ新監督が率いるパリ・サンジェルマンについて、スペイン紙『マルカ』が特集記事を掲載。「3億7000万ユーロのイレブン」と題して「世界で“最も高額なクラブ”の1つを率いることになる」と伝え、現時点での先発メンバーを紹介した。

 同紙によると、現時点でのパリ・サンジェルマンの先発メンバー11名の移籍金総額は3億7000万ユーロ(約419億8000万円)に達するという。最も高額な選手はウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの6450万ユーロ(約73億2000万円)。次いで、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが6300万ユーロ(約71億5000万円)となっている。

 パリ・サンジェルマンはスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチの退団が決定し、カバーニの去就も不透明な状況となっている。今後は積極的に選手補強へ乗り出すことが予想されており、来シーズン開幕時の先発メンバーは現時点よりも“高額”な11人となっているかもしれない。

“超高級”イレブンを率いることとなったエメリ監督。期待が集まる中、パリ・サンジェルマンをどのように導いていくだろうか。

■『マルカ』が「3億7000万ユーロのイレブン」として紹介したパリ・サンジェルマンのメンバー11人(実際の総額は3億7050万ユーロ)

▼GK
ケヴィン・トラップ(移籍金950万ユーロ/約10億8000万円)

▼DF
リュカ・ディニュ(1500万ユーロ/約17億円)
ダヴィド・ルイス(4950万ユーロ/約56億2000万円)
チアゴ・シウヴァ(4200万ユーロ/約47億7000万円)
レイヴァン・クルザワ(2500万ユーロ/約28億4000万円)

▼MF
マルコ・ヴェラッティ(1200万ユーロ/約13億6000万円)
アンヘル・ディ・マリア(6300万ユーロ/約71億5000万円)
ブレーズ・マテュイディ(800万ユーロ/約9億1000万円)

▼FW
ハビエル・パストーレ(4200万ユーロ/約47億7000万円)
エディンソン・カバーニ(6450万ユーロ/約73億2000万円)
ルーカス・モウラ(4000万ユーロ/約45億4000万円)

SOCCER KING

最終更新:6月29日(水)18時14分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]