ここから本文です

4発大勝にご満悦で冗談も…手倉森監督、リオ五輪で「日本に勇気と感動を」

SOCCER KING 6月29日(水)22時12分配信

 キリンチャレンジカップ2016が29日に長野県の松本平広域公園総合球技場で行われ、U-23日本代表はU-23南アフリカ代表と対戦し、4-1の勝利を収めた。

 日本は30分にDF亀川諒史の不運なハンドでPKを献上し、南アフリカに先制点を許した。だが、7分後に中島翔哉のゴールで同点とすると、45分に矢島慎也の追加点で逆転に成功。さらに前半アディショナルタイムに中島のこの日2点目でリードを広げ、後半開始直後の48分に浅野拓磨がチーム4点目となるゴール。このまま4-1でリオデジャネイロ・オリンピック前最後の国内戦を勝利で飾った。

 試合後のインタビューに応じた手倉森誠監督は、4発大勝を収めたことで「手倉森ジャパンだけに1点目は手を使っちゃいましたね」と冗談が飛び出すほど、ご満悦の様子。「その後4点とれて勝てたのでよかった。今日はU-23世代だけでも成長と可能性を示そうという話をしていて、みんさんも成長を確認できたんじゃないかと思います」と手応えを口にした。

 それでも、「南アフリカは遠いところから来てもらって、コンディションは日本のほうが絶対に上なので、走り負けてはいけない。今日は日本での試合だったので大勝できましたけど、オリンピックでは気を引き締めてかからなければならない相手だと思う」と気を抜くことはない。

 リオ五輪開幕まで約1カ月。手倉森監督は本大会を見据えて、「東日本大震災の時はなでしこが世界一になりました。今回のオリンピックは残念ながらなでしこが出られませんけど、熊本地震が起きたこの年に、日本に勇気と感動を届けられればと思います。頑張ります」と意気込みを語った。

 U-23日本代表のリオ五輪最終メンバーは7月1日に発表される。

SOCCER KING

最終更新:6月30日(木)2時43分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合