ここから本文です

中島が復帰戦でゴール、お膳立ての大島に感謝「僚太くんは優しい人」

SOCCER KING 6月29日(水)23時57分配信

 リオデジャネイロ・オリンピックの最終メンバー発表前最後の試合となった、キリンチャレンジカップ2016が29日に行われ、U-23日本代表はU-23南アフリカ代表に4-1で大勝を収めた。

 4月に右ひざのじん帯を損傷した中島にとって、この試合はU-23日本代表としての復帰戦。いきなりの2ゴールでインパクトを残した中島だが、「個人よりもチームが勝ったことがすごく良かったと思いますし、それはずっと変わらない。点を取ったからというより、チームが勝ったことがすごく嬉しかったです」と、一番にチームの勝利を喜んだ。

 亀川諒史(アビスパ福岡)のハンドによって与えたPKで南アフリカに先制される嫌な展開だったが、直後に大島僚太(川崎フロンターレ)のアシストで中島が同点ゴール。「あの人(大島)はすごく優しい人なので、パスをくれる前に目が合ったので来るかなと思っていました。すごくありがたいですね」と話し、無人のゴールに蹴り込んだ復帰後初ゴールをお膳立てした大島に感謝した。

 この得点について、アシストをした大島は「抜けだしたあとは(中島)翔哉が見えていたので、自分で打たなくても入るほうを選べばいいかなと思って。より確実なほうを。あと、翔哉はケガをしていましたし、戻ってきて点を取ってほしかったので」と話し、チームメイトへの思いやりから生まれたゴールだったことを明かした。

 また、ゴール後にはチームメイトみんなが中島のもとに集まり、喜びの輪ができた。「サッカーはチームでやるスポーツなので、そういった仲間は自分にとっても大切ですし、自分もそうやって(仲間を)思えるような人間になりたいなと思います」と、祝福してくれた仲間の存在について口にした。

 7月1日には最終メンバーが発表され、リオ五輪開幕までは約1カ月。中島は「常にうまくなりたいという気持ちが大事で、いつも全力でサッカーを楽しむことが自分にとって一番だと思っている。選ばれるか選ばれないかは分からないですけど、世界と戦う準備は常にできています」と、力強く意気込みを語った。

SOCCER KING

最終更新:6月29日(水)23時57分

SOCCER KING