ここから本文です

アーセナル移籍報道の浅野「話を聞いて冷静に考えたい」…海外挑戦にも意欲

SOCCER KING 6月29日(水)23時58分配信

 突如浮上したアーセナル移籍の可能性。サンフレッチェ広島のFW浅野拓磨は、「まだ何もチームからは僕のところに入ってきていない」と明かしたが、「どこに行ってもできる自信は持っている」と海外挑戦への強い気持ちも口にした。

 U-23日本代表の浅野は、29日行われたキリンチャレンジカップ2016のU-23南アフリカ戦に先発出場し、1ゴール1アシストの活躍を見せて、4-1の逆転勝利に貢献した。

 U-23日本代表で中心メンバーの1人である浅野は、A代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督も「将来のA代表に絶対必要。日本では数少ないゴールゲッターだ」と絶賛する逸材。FW宇佐美貴史の移籍が決まったアウクスブルクや、U-23日本代表でチームメイトのFW南野拓実が所属するザルツブルク(オーストリア)など欧州複数クラブが興味を示してきたが、28日にはイギリスメディアがプレミアリーグの強豪アーセナルも獲得に動き出していると報じていた。

 アーセナル移籍報道について「周りから言われて気付いた」という浅野は、具体的な話を聞いていないようで、「まだ何もチームからは僕のところに入ってきていない。これからどうなるかっていうのは分からない」と明かすと、「チームに帰ってみないと考えることもできないので、しっかり話を聞いた上で、冷静になって考えられればなとは思います」と話すにとどめた。

 プレミアリーグの強豪からの興味に「ちょっとびっくりしている」と心境を語る浅野だが、「どこに行ってもできる自信は持っているし、自分が行ったらどうなのかなっていうイメージも持っている」と話しており、「海外に行くことがゴールではない。でも、より自分のレベルを高めるために必要なのであれば自分はそこにチャレンジしたいと思う。そういう気持ちは、プロに入ってからもより高いレベルを目指したいと思っている」と海外挑戦への気持ちも強い。

 アーセナルに加入した場合は、即レンタル移籍で武者修行を積むことになるとも報じられているが、「僕は常々思っているのは、ある環境で目の前のことに対して100パーセントで頑張るっていうことしか考えていない。どのチームに行ってもやるべきことは一緒かなと思うし、そういう気持ちでこれからもやれればいいかなと思う」と話した。

SOCCER KING

最終更新:6月30日(木)2時56分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。