ここから本文です

生き残り賭けるU-23代表MF伊東「スピードだけじゃないところも見せたい」

ゲキサカ 6月29日(水)0時57分配信

 自慢のスピードを武器に、一気にリオデジャネイロ五輪メンバー入りを狙う。昨年11月以来となるU-23日本代表の活動に参加しているMF伊東純也(柏)は、最後のアピールの場となるU-23南アフリカ代表戦に向けて「自分の持てる力を見せたい」と意気込んでいる。

 15年11月の神奈川合宿では、快足を飛ばして猛アピールした伊東だったが、16年1月のAFC U-23選手権(リオデジャネイロ五輪アジア最終予選)のメンバー入りを果たせず。その後は手倉森ジャパンに招集されない時期が続いたが、今年5月の佐賀合宿で久し振りのメンバー入りを果たした。しかし、左足ふくらはぎの違和感により、練習に参加することなく途中離脱を余儀なくされた。

 アピールの場は限られてきたものの、手倉森誠監督から期待を寄せられるスピードスターは、ラストチャンスの機会を手に入れた。自身も「ラストチャンスだと思っている」と自覚しているように、残されたアピールの場は南アフリカ戦の1試合のみ。肩に力が入ってもおかしくない状況だが、「それでも平常心で、いつもどおりのプレーができれば」と落ち着いて、自身の運命を左右する一戦を迎えようとしている。

 アフリカ勢にはスピードのある選手がいるだろうが、「外国人選手にも負けない自信がある。スピードで抜くところも見せたいし、スピードだけじゃないところも見せたい」と自らの持っている力を存分に発揮して、生き残りを懸ける。

最終更新:6月29日(水)0時57分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]