ここから本文です

中島が復活の2発!! 4発快勝のU-23代表、国内ラストマッチを白星締め

ゲキサカ 6月29日(水)21時24分配信

[6.29 キリンチャレンジ杯2016 U-23日本代表 4-1 U-23南アフリカ代表 松本平]

 U-23日本代表は29日、リオデジャネイロ五輪本大会前の国内ラストマッチとなるキリンチャレンジ杯2016でU-23南アフリカ代表と対戦。前半30分に先制を許した日本だったが、前半37分にFW中島翔哉(F東京)の得点で追い付くと、MF矢島慎也(岡山)と中島が加点して3-1とリードして前半を折り返す。後半に入ってもFW浅野拓磨(広島)が加点した日本が4-1の快勝を収めた。

 4-4-2のシステムを採用した日本は、GKに櫛引政敏(鹿島)、最終ラインは右からDF室屋成(FC東京)、DF中谷進之介(柏)、DF植田直通(鹿島)、DF亀川諒史(福岡)、ボランチにMF井手口陽介(G大阪)とMF大島僚太(川崎F)を並べ、右サイドハーフにMF野津田岳人(新潟)、左サイドハーフにMF矢島、2トップに中島と浅野を配置した。

 序盤の前半9分にシュートチャンスを作ったのは日本だった。しかし中島のスルーパスからPA内に進入した浅野が、左足で放ったシュートは枠を捉え切れず。さらに同20分にはスルーパスから右サイドを駆け上がった室屋がPA内まで持ち込んで放ったシュートがGKに阻まれ、こぼれ球を拾った大島のパスから野津田が狙ったシュートもGKの横っ飛びのセーブに遭って先制点を奪うには至らなかった。

 前半24分には南アフリカに決定機を創出されたが、グラウンダーのクロスからMFギフト・モトゥパが至近距離で放ったシュートは櫛引がストップして危機をしのいだ。しかし同30分、南アフリカが後方から蹴り出したロングボールを自陣PA内で処理しようとした亀川が、トラップした際にハンドを犯してPKを献上。このPKをモトゥパに沈められて、南アフリカに先制を許してしまう。

 だが、反撃に出る日本はここから怒涛のゴールラッシュを披露する。前半37分、中盤から前線に飛び出した大島が、矢島のスルーパスを呼び込んでPA内に進入すると、飛び出してきたGKをあざ笑うかのようなラストパスを中央に送る。これをゴール前に走り込んでいた中島が落ち着いて流し込み、試合を振り出しに戻した。

 攻撃の手を緩めない日本は同45分、左サイドから中島が送ったサイドチェンジを受けた矢島が、右サイドを駆け上がった室屋とのパス交換から右足シュートでネットを揺らして勝ち越しに成功。さらに同アディショナルタイムには高い位置でボールを奪った浅野のクロスを中島がヘッドで叩き込み、リードを2点差に広げた。

 3-1とリードしたまま後半を迎えると、日本は井手口に代えてMF原川力(川崎F)をボランチに、野津田に代えてMF伊東純也(柏)を2トップの一角に投入。中島は左サイドハーフにポジションを移した。

 後半3分には最終ラインの植田が送ったフィードを相手DFが処理ミスすると、ボールをかっさらった浅野が寄せてくるDFとGKをかわしてゴールに流し込み、スコアは4-1に。すると同6分に大島に代えてDF橋本拳人(FC東京)を投入する。

 その後も攻勢を掛ける日本は後半8分に浅野、同10分には中島がゴールを脅かしたが、ともにネットを揺らすには至らず。同14分には浅野に代えてMF豊川雄太(岡山)を前線に、同22分には亀川に代えてDF松原健(新潟)を右SBに投入し、室屋が左SBにポジションを移した。さらに同33分には矢島に代えてFW鈴木武蔵(新潟)を前線に。中島が2トップの一角にに入り、前線の伊東が右、豊川が左サイドハーフに移動する。

 その後は後半42分に松原のクロスから豊川が放ったヘディングシュートがGKに阻まれるなど追加点こそ生まれなかったが、南アフリカの反撃を許さずに4-1の快勝を収めた。

最終更新:6月30日(木)0時12分

ゲキサカ